時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
ハイボールバーのパイオニア 南5条ハイボール
バーと立ち飲みの中間的な感じの店構え すすきの交差点から7分〜8分ほどの路地で、東京にある「新橋ハイボールバー1923」とよく似た店構えの「南5条ハイボール」というバーを見つけた。ひとりでふらっと寄れる雰囲気も、専用のハイボールサーバーがあるのも、フルーツを漬け込んだオリジナルのハイボールがあるのも同じ。てっきり新橋の店が札幌に出店したのだろうと思って入ってみた。
 1杯目はオリジナルのハイボールを注文。この日のハイボールは山ア10年にザクロを漬けた酒をベースにしたもの。ザクロの甘さが思ったよりも強く、山崎の複雑な味わいがマスキングされたような感じで、山アそのままのほうが好みかなと思いつつ、2杯目へ。
 次はスモーキージントニック。ビーフィーターをベースにラフロイグ10年を少々。スモーキーなジントニックは初めて飲んだが、煙香がアクセントになり、燻製を飲んでいるみたいな感じでおもしろかった。くし形に切ったライムが入っているので、リッキースタイルで果肉を潰しながら飲めるのもいい。
 2杯飲んだところでサーバーの女性に「この店って東京の新橋にある店の系列店ですか?」と聞いてみた。すると「ウチが0号店なんですよ。ここでメニューやサービスを実験してフォーマットを決め込んで新橋に1号店を出したんです」という答え。なるほどそういうことか。それならスモーキージントニックや角ハイボールに響12年を5スプレーするなど、冒険心に溢れるオリジナルメニューがあることにも合点がゆく。
 ハイボールバー新橋1923がお気に入りという方はもちろん、ハイボール好きなら一度は足を運ぶべきバーだ。
山ア10年にザクロを漬け込んでハイボールに
ウイスキーを冷やし、ソーダーを冷やし、氷はカチカチ。これがおいしいハイボールの鉄則
南5条ハイボール
札幌市中央区南5条西6エイトビル1階
WEBサイト>>