時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

腕利き女性バーテンダーと酒を語る

北の都で森香るハイボール

すばらしき洋酒酒場―札幌編

ハイボールバーのパイオニア

札幌でやさしくスイーツハニーハイボール

新千歳空港にハイボール横丁

ご当地ハイボールの旅―南九州編

ご当地ハイボールの旅―博多編

ご当地ハイボールの旅―熊本編

ご当地ハイボールの旅―大分編

ご当地ハイボールの旅―神戸編

ご当地ハイボールの旅―京都編

アンクルトリスを訪ねて西東

東京もつ酒場エビス参

がってん寿司上海2号店

HIGH BALL BAR 新橋 1923

ハイボール酒場胡同小吃

たもたも

こちら○特漁業部

SAKE HALL HIBIYA BAR

博多おおやま

St.John’s Wood セント・ジョンズ・ウッド(札幌)

なだの木西中洲本店

酔灯屋 祇園店

すすきのさかな屋

すすきのジンギスカン

広島ええじゃん料理 四季や

KORE庵ダイニング古街玉秀

牡蠣屋

かき船かなわ

陳麻屋

ごま厨

スタンドバーCUVEE(キュベ)

ハイボール酒場ヴィンテージJr.

ギンダコハイボール横丁

小岩屋ホルモンとボール

ワタル(新橋)

築地銀だこ
  ハイボール酒場


日本と海外の酒めぐり
あの店この店ハイボール
  
北の都で森香るハイボール
ブティックのような店構えの「サントリー バー アバンティ」 バーの検索サイト「サントリー・バーナビ」で調べたところ、札幌ではこの店の口コミ数が一番多いそう。重い扉を開けるオーセンティックなカクテルバーを想像していたが、ビルの1階の路面店、初めてでも入りやすいカジュアルな店構えだった。
 寒い夜道で冷えた身体を温めるのに、まずはホットカクテルで乾杯。湯気で曇ったグラスがなんとも温かそう、口に近づけただけで酒の温もりが伝わってくる。ワインの香りにカットオレンジが混じる。サングリアにもオレンジを入れるけれど、ワインとオレンジの組み合わせはよほどいいのだな、などと思いながら、ひと口。
 「よろしかったらシナモンを入れみてください」と女性バーテンダーに言われて、一緒にサービスされていたシナモンスティックに気づく。こういうオプションでついてくるものは、しっかり使う性質で、スティックをマドラーにしてワインをクルクル、カットオレンジをブシュッとひと押ししてみると、シナモンの香りがぱあっと広がった。連れが、「シナモンの香りは落ち着くね」と。そう、ホットワインにはシナモンやクローブなど、スパイスが入ると香りに深みが増す。
サントリー白州ベースの「森香るハイボール」。爽やかなグリーンがオシャレ 店に来た時はカウンターに男性客が一人だけだったのだけれど、8時30分を過ぎた頃から次々にお客さんが入ってきて、いつのまにか席が埋まってしまった。女性バーテンダーにモルトウイスキーの好みを伝える声や、前に来た時に飲んだカクテルのことを話しているのが聞こえてくる。カジュアルでおしゃれな雰囲気だが、かなりの酒好きが集まっているようだ。
 あらためてスマホでこの店の口コミを見てみた。「おいしいカクテルをいただいた後、〆はいつもバーテンダーさんのおすすめのモルトです」「想像したとおりとってもオシャレでした」などに交じって、「夏のオープンテラスが気持ちいい」というコメントを発見。そうかブティックのような店の正面は、夏にはオープンテラスになるのかと合点する。
 次回は夏に来よう。北海道の気持ちのよい空の下、オープンテラスで「森香るハイボール」を楽しむにはぴったりの店だ。
ホットワインにシナモンスティック。それだけで大人の味わいに
この日のおすすめはバーボン。プレミアムものの『ブッカース』とNO.1ブランドの『ジンビーム』
サントリー バー アバンティbr> 札幌市中央区南五条西4丁目 Nセンタービル1F
011-518-7733
WEBサイト>>