時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集

 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

川口ブルワリー(埼玉県)

祥瑞札幌(札幌市)

ティキティキ横浜店(横浜市)

ビアセラーサッポロ(札幌市)

日比谷BAR WHISKY-SIII(港区)

バー・オープンドアB2(大阪市)

スカイ ビア リゾート(熊本県)

ワインバー・ルー(札幌市)

CRAFT & Romance(武蔵野市)

バーボンハウス ルシフェル(京都市)

BBAR C&D(京都市)

岡部麦酒工場。(熊本市)

ヴィッラ ビアンキ(東京都)

ホルモン在市芝大門(東京都)

BAR BLUE(熊本県)

ガス燈(福岡県)

呂仁(大阪府)

レストラン阿蘇(熊本県)

Bar Agito(高槻市)

白楽天(札幌市)

MASTER'S DREAM HOUSE(千代田区)

十年(大阪市)

十三トリス北新地(大阪市)

バー・パルムドール(福岡市)
日本と海外の酒めぐり
ちょっと酒旅「きょう、行く?」
第47回 祥瑞札幌(札幌市)
写真店内   札幌を代表するワイン&ダイニングとなった祥瑞札幌。オーナーソムリエの松岡修司さんはバブルの頃に東京で広告マンとして活躍、毎日のように好きなワインを飲み歩いたそうです。仕事で1993年に札幌に赴任してからも、おいしい酒と料理を求めて料飲店巡りを続け、2008年、ついに脱サラして祥瑞札幌を開業しました。
 北海道の食材を愛し、松岡さんが厳選したワインや日本酒を合わせます。次々にワイナリーがオープンしている北海道で、各地のワイナリーの情報がいち早く入ってくるのは、ワイナリーと親交の深いこの店ならでは。北海道のワイナリーを訪ねるなら、スタートは祥瑞札幌からがおすすめです。ワイナリーのバックボーンやそのエリアの風土の特徴を聞いてから出かけましょう。
 8周年を迎え接客も益々洗練されてきました。「接客の極意は目配りにある。グラスが空になっていないか。料理を残していないか。空調は、音楽は、居心地はどうか。お客様のサインを見逃さないように気を配る。けれど、決して凝視してはいけないのだ。さりげなくスマートに。これが鉄則」。自社のホームページの言葉とおりのサービスを堪能できます。



中央区南3条西3丁目1番8 プレイタウンふじ井3階
(地下鉄南北線すすきの駅徒歩3分)
TEL:011-827-2008
  WEBサイト>>