時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
優雅な気分でライムカクテル    
外観
  衝山路にあるこの店は典型的な欧米人向けの酒場。フランス租界時代の雰囲気を残す瀟洒な建物に入ると、1階は長いバーカウンターと数席のテーブルのある英国風のビアパブ(2階はレストラン)。
 バーカウンターには、ギネスやキルケニーなどアイリッシュビールと、カールスバーグやステラアルトアなどピルスナーラガーのビールサーバーが五基も据えつけられていてびっくり。樽生ビールがこんなに種類がある店は日本でも珍しい。ちなみに値段はグラス一杯50元ほど(日本円で約800円)とやや高め。
 訪ねたのは午後四時頃、まだ陽があるというのに欧米人の客がビールを飲みくつろいでいた。待ち合わせていた様子の欧米人の女性客は、久々の再会なのだろうか、しっかりと抱き合って挨拶を交わす。
 テーブル席に陣取り、とりあえずカールスバーグを一杯。この「とりあえず」とい感じが日本人だなあと納得。ささっと飲んで2杯目は店のオリジナルのカクテルにトライすると、予想に反して(失礼)結構おいしい。上海でカクテルは10杯以上飲んだが、サシャズが一番だと思う。ジュースと氷の使い方が上手な気がする。
 メニューを見れば酒は洋酒ばかり。トイレには「樽でビアパーティはいかが? お得です」というビラまであって、ロンドンのパブで飲んでいると錯覚しそうになる。小一時間いたが、結局アジア系の客は私たちだけ。上海でちょっと上品な欧米が味わえるスポットだ。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

オリジナル