時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
ファーストフードの餃子に三得利ビール    
どことなく難波の551を思わせる大娘水餃
 麦当労(マクドナルド)や肯徳基(ケンタッキーフライドチキン)など、中国でもファーストフード店は子供たちに大人気。中華のファーストフードではこの餃子店をあちこちで見かける。
 餃子は餡の違いで数種類あり、なんとビールもメニューにあった。銘柄は三得利(サントリー)。上海ではこれがトップブランドだそう。ビールの消費が急増する中国では、ハイネケン、ステラアルトア、バドワイザーなど世界のメジャービールがしのぎを削っている。日本の大手ビールメーカーも全社進出しているが、嗜好の違いや独特の商習慣に苦戦が続く。そのなかで一番うまくいっているのが三得利か。ちなみに上海では、三得利のペットボトル烏龍茶も人気で、日本の会社だということを知らない人もいるほど浸透しているとのこと。
 お勘定は餃子一皿と香草のきいたスープのセットにビールを1本とって03元(約500円)と超お安い。ただし、餃子とスープはおいしかったけれど、ビールは温いうえに紙コップで提供されるため、泡だらけになってしまった……。とほほ。基本的にセルフサービスだが、後片付けは店側の仕事。中国では客が後片付けをする習慣はないのだそうだ。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

学食のような店内。餃子の盛り合わせとスープはなかなか
上海の銀座? いや新宿か。南京東路