時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
中国式の焼肉。スパイミッドナイトの中国式焼肉    
どことなく難波の5中国式の焼肉。スパイシーで大陸の味がした
  料飲店研究の名のもとに4件目にたどり着いたのが、この焼肉店である。時間は深夜1時過ぎ。治安は悪くないと聞いているが、さすがにちょっと不安がよぎる。美人ガイドの陳さんは「ここはダイジョーブ。危なくナイヨ」とまったく気にしていない様子。
 場所は上海中心部から少し離れた虹橋エリア。日本人や韓国人が多いところだそうだ。陳さんは中国式の焼肉だと言うのだが、酒からは韓国色が強い印象を受けた。
店には若い男女のグループ客が数組いて、賑やかに飲んで、しっかり食べていた。この時間にあの食欲、飲みっぷりはすごいと感心。
 焼肉は香辛料がきいていて中央アジアを連想させる味わい。香りは思いがけない記憶を呼び起こすものだけれど、このときは25年前に行ったトルコ旅行が蘇えった。その時に食べたシシケバブと、香辛料がよく似ていたのである。調子に乗って飲むヨーグルトを2杯一気に飲んで、おなかを壊したことまで思い出した。
 さて、この店も瓶ビールは三得利。生ビールはカールスバーグだったような気がする(さすがに記憶があいまいだ)。ほかには韓国焼酎の眞露と、韓国清酒の清河があった。この店なら中国伝統の白酒があるかと思ったが見当たらず、黄酒を飲んでいる人もいなかった。伝統の酒が外来の酒に隅に追いやられるのは、経済成長期の常とは言え、ちょっと寂しいのであった。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

学食のような店内。餃子の盛り合若い男女のグループ客が深夜にがっつり焼肉