時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
バーのスタッフも見入ったオリンピック開会    
地図
  「中国の人は飲みに行く日はすごいですよ。朝から『今日は残業ないですよね』というオーラが出ている。着てくる服からして普段と違うのですから」というのは上海在勤のKさん。金曜日の夕方は街に繰り出す人で市内は渋滞、タクシーもなかなか捕まらないことも多いのだとも。
 今日、8月8日は金曜日で北京オリンピックの開会式。あちこちの飲食店が、オリンピック・ナイト用のセットメニューを用意して売込みに躍起になっている。とにかく席だけは確保しておいた方がよさそうだということで、虹橋のマリオットホテルのスポーツバー「チャンピオンズ」を予約しようとする。けれども、いろいろあってうまくつながらない。
 とにかく早めに動こうと、午後6時半前に店に到着する。開会式は7時からだと言うのにほとんど満席。「もう、室内のお席はご予約のお客様だけで・・・・・・」という案内係に、「相席でも構わない」とか「蒸し暑い外のテラス席は嫌だ」と食い下がって、なんとか予約席の一画に席をゲット。
 飲む前にぐるりと店内をチェック。5つ星ホテルのスポーツバーだから、欧米人が多いのは仕方がないが、それでも半分は中国人らしい風貌だ。テーブルには、どこもポップコーン、サンドイッチ、サラダ、ローストチキンなどビュフェの料理と生ビール。景気のよさそうなおじさんの10人ほどのグループは、すでにウイスキーに突入していて、例によってスコッチウイスキーと緑茶ボトルがド〜ンと並んでいる。
 そうこうするうちに開会式のカウントダウン。賑やかだった店内が静まりかえる。店のスタッフもみなモニター画面に見入る。ババドドド〜ン!と開会の花火が打ちあがると、「わぁ!」という歓声、拍手、店内は一転して大騒ぎである。
 カールスバーグを飲みながら素晴らしいアトラクションを楽しんでいたが、入場行進が始まると雰囲気が変わった。母国や贔屓の国が入場してくると、そのテーブルから歓声が上がるのである。だが、ナレーションもテロップも中国語なので、入場国を知る手がかりは国旗だけ。先頭ギリシャのあとは、どういう順番で入ってきているのかも見当がつかない。いつ日本が登場するのか待っていると、「10時でオリンピック観戦パックは終了です。ここからは別料金です」とのご案内。まだ、入場行進の途中なのに(強気の商売するなあ)と思いつつ、河岸を変えることにした。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

ビールを飲みながら開会式を楽しむ
店のスタッフも画面に釘付け