時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
マイルド四川は世界料理になるか    
イトアップされた江南のエントランス。青竹が美しい。
 ニューウェーブ四川料理の人気店と聞いていたが、さすがに外観も内装もモダンである。入口のドアから店内まででガラス張りの長い廊下を進めば、別世界への入口に向かうようでワクワク気分が満ちてくる。京劇で使うような面が描かれた自動ドアが両側に開き、顔がズズンと二つに割れる。ドラマチックな演出は、東京の最先端の店と言われても納得しそう。
 酒のメニューの充実ぶりにも目を見張った。ワインは特筆ものでドリンクメニューの頭から数ページはワインリスト。次になぜかシガー(葉巻)があって、黄酒(紹興酒などの中国伝統の醸造酒)に続く。「中国烈酒」と紹介されていたのは白酒(中国の焼酎)で11種類。それと横並びで干邑(コニャック)、威士忌(ウイスキー)があり、品数は白酒より多い。さらに金酒(ジン)、伏特加(ウォッカ)、金巴利(カンパリ)などのスピリッツ・リキュールまである。
 日本にはこれだけ酒を充実させた中華料理店はまずない。中華料理店はわりと酒が貧弱で、ビールと紹興酒のほかには、清酒、焼酎、チューハイがせいぜい2〜3種類だ。中国の中華レストランだから、日本の和食店に置き換えて考えてみて、思い当たったのは東京・赤坂の「スーパーダイニング・ZIPANGU(ジパング)」。なだ万が経営するこの店は酒が充実したモダン和食店で、ここ「?江南」に通じるところがある。
料理もモダンで味もなかなか。レタスで肉と野菜の餡を手巻きで食べるものは、辛くてうまくて、レタスの食感がいいアクセントになっていた。痺れるような辛さの麻婆豆腐は食欲を刺激し、ビールがどんどん進む。濃厚なゴマのソースがかかった蒸し鶏も、滋味豊かなアヒルのスープも満足の逸品。ガイドの陳さんは「マイルドな四川料理ですね。外国人にも人気です」と言うが、こんな新しいスタイルの中華が世界各国に広がるのかもしれない。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

マイルドな辛ウマ料理はなかなかの味わい