時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
上海蟹にもビールが人気    
魚市場の喧騒は日本と変わらない
 上海で10月といえば蟹である。ちょっとしたレストランには、この時期どこにも「上海蟹」というビラが出ていて、目にするたびに「上海蟹には老酒なんだろうなぁ。一度食べてみたいけれど、結構、高いようだし、どうしようか・・・・・・」と思っていた。すると、ガイド役の陳さんから「安く食べられるところがあります。魚市場で蟹を買って、そばのレストランで調理してもらいましょう。そこなら高くないです」とのうれしい情報。
 市内から車で20分くらいだろうか、築地の何倍あるかという感じの巨大な魚市場には、メインストリートに上海蟹の店がずらりと並んでいた。日本では見たこともない魚や貝、蝦蛄、海老、すっぽんに蛇もある。しばらくすると陳さんが「158元というのを88元にしてもらいました」と勝利の微笑で戻ってきた。
 市場の入口の近くにある天鴻酒家(中華レストラン)に蟹を持ち込んで、蒸しあがるのを待つ間に冷菜をつまむ。くらげ、枝豆、筍と搾菜の和え物、キュウリの浅漬けなどなど。思わず「ビールでも飲むか」となって、店内を見渡すとかわいらしい三得利(サントリー)ビールのシャツを着た女性を発見(さすがに上海ではサントリーは強い。隅々までどこにでもあると感心)。この時期の繁盛を見越してビールメーカーが派遣したのだろうか、違うビールのシャツを着た娘もいる。彼女たちの笑顔につられた訳ではないけれど、「ビール1本、いや2本」と注文する。
 しばらくして熱々の上海蟹が出てきた。「おお、これが」と気持ちがはやる。「熱いですから気をつけて。甲羅をはがして、この味噌と卵がおいしいです」「脚の肉はこうやって(と齧って搾り出す)」と陳さん。むしゃむしゃ。しばし沈黙。蟹を食べると黙ってしまうのは万国共通のようだ。
「ああおいしかった。フォアグラか海胆かという感じの味噌がいいね。日本ではこれに酒を注いで甲羅酒に・・・・・・。しまった! 老酒を注文するのを忘れていた」。蟹に夢中になって、せっかくの機会に老酒を飲んでいない。残念。
しかし、周りのテーブルを見ると老酒を飲んでいるのは隣の1卓だけ。20卓以上はあるテーブルには、ビール瓶やジョッキが並ぶ。これも時代、ビールで上海蟹は新しい風俗か。
 と、そのとき店のおばちゃんが陳さんに話しかけてきた。「あんたらこの蟹いくらで買ったんだい」「88元も出したのかい。馬鹿だねえ、ウチで買えば40元だよ。今度は最初からうちに来な」と。そして陳さんは通訳し終えた後に、「でもおいしかったし、楽しかったから、よかったですよね」と屈託なく笑うのであった。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

生簀にはサイズごとに分けられた蟹が泳ぐ
上海蟹には老酒が定番だけれど今はビールが圧倒的。店内に老酒のお客さんは1卓だけ