時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
さまざまな国のビールが楽しめる    
オスカーパブはレンガ造りのしゃれた洋館
バーカウンターの上に山ほど積み上げられたビール瓶
 メニューを見て「へぇ〜、こんなにいろいろなビールを置いているんだ」と感心したのもつかのま、オーダーすると「今日は切れていて(ある日があるのか!と突っ込みたいこともしばしば)」という店が多いなかで、この2店はビールが豊富にしっかり品揃えされていた。
 中国のビールはアルコール度数も3〜4%と低く、軽い味わいのものがほとんどだから、どっしりと濃厚なものや、香りの華やかなものを飲みたいと思うことがある。そんな時にはぴったりだ。
 まずはオスカーパブ。欧米人が大半のビアパブで、カウンター席のほかテーブル席が10卓くらいあり、さらに2階ではビリヤードもできる。友人とやってきてカードに興じたり、家族で食事しながらビールを飲んだりしている。
 ビールも世界各国のミニブルワリーのビール(クラフトビールといわれることもある)が複数揃っていて選ぶのが楽しい。ベルギーのヒューガルデンなどメジャーなもののほかにも何点かは樽生ビールが出される。ビターホップの苦味が際立つもの、カスケードホップをたっぷり使ったフルーティもの、強く焙煎したスモーキータイプなど味わいのバラエティも豊富、ミニブルワリーのビール好きにはたまらない。
 もう1店は韓国で居酒屋を100店舗以上展開しているという「WA−BAR」のビール専門店。体育館のような大きなホールには、帆船の甲板のようなロープが張られ、ステージと大画面プロジェクターがある。客の8割以上が韓国人だそうだから、北京オリンピックで韓国チームが活躍した時はものすごい盛り上がりだったろう。
ビールは世界各地のボトルのビールが揃う。バーカウンターの上に山と詰まれたビールの空き瓶のディスプレイが圧巻だ。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

カジュアルな雰囲気でカードゲーム
ボックス席に張られたロープ。帆船のようだ。