時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
真昼のマティーニ    
ドルチェ・ガッバーナのある外灘6号ビル
 豪壮な西洋建築が並ぶ外灘は観光スポットであり、高級ブランドショップが集中するニューヨーク五番街のようなところでもある。欧米ではアルマーニやブルガリなどはファッションの枠を飛び出して、飲食のスタイルまで提案するために直営のショップにレストランやバーを併設しているが、ここ外灘にも同じような動きがあった。
 昼間ぶらぶらとこの一帯を歩いていて思わず入ってしまったのは「MARTINI(マルティーニ)」の看板をあげたバー。マルティーニはチンザノと並ぶイタリアのベルモットの名門。ベトナムのホーチミンのバーで「マティーニ」を注文したら、「マルティーニ」が出てきて面食らってから、親しみを感じるようになった酒でもある。
 高級ブランド「ドルチェ・ガッバーナ」とマルティーニがコラボしたバーは、午後2時すぎにもかかわらずオーセンティックバーとして営業していた。昼間はカフェで夜はバーというならよく見かけるが、朝から晩までずっと「バー」というのは上海でも珍しい。雰囲気につられて、まだ陽が高いというのにアイリッシュリッキー(アイリッシュウイスキーとライムとソーダのカクテル)を注文すると、それぞれがばらばらで出てきた。これはこれでおもしろいなあと思っていると、ガイドの陳さんが頼んだマティーニにはオリーブが3個、おでんのように串刺しになっている。カクテルという異文化の酒を、自分たちのスタイルに貪欲に吸収するたくましさに感服したのであった。
 近くにはガイドブックに必ず紹介される「ルージュ」や「ニューハイツ」という外灘の景色を堪能できるバーも多い。窓から外灘を一望できロマンティックなひと時をすごすことができるこれらの店は、ビールやカクテルを飲んでいるお客さんが多いけれど、メニューにはウイスキーも豊富(さすがに焼酎はない)。もちろん日本でも人気のシングルモルトもラインナップされていて、マッカラン、ボウモア、ラフロイグ、グレンフィディックなど有名どころはだいたい揃う。外灘で梯子するのも悪くない。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

マルティニのバーカウンター
店の中から明るい外を臨むとこんな感じ