時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
南京東路から外灘を臨む    
66階から外灘を臨む夜景。
ロ・ロイヤル・メリディアンホテルの1階。  夜景が売りのバーは外灘や浦東の高層ビルに多いけれど、南京東路の人民広場駅のそばにあるル・ロイヤル・メリディアンホテルからの眺めも素敵だ。64階から66階までがレストラン&バーラウンジになっていて、360度のパノラマが楽しめる。
 64階はレストラン。この日は食事を済ませていたので65階へ上がるとバンドが入ったカジュアルなバー。音量がけっこう大きく、ゆっくり夜景を眺めるには賑やかすぎる気がして、さらに上の66階へ。ここは落ち着いたラウンジで、たっぷりとしたソファーで寛げる。
 66階のラウンジは宿泊客の欧米人がもちろん多いけれど、中国人も半分くらいはいるようだった。4〜5人で遊びにきたという感じの彼らのテーブルに乗っているのはワイン。取材中、ホテルやレストランでは中国人がワインを飲んでいるのを本当によく見かける。もっと若い客が集まるに賑やかな店になるとビールが半分、残りはワインとウイスキーが半々くらいの印象。
 外灘を臨める側の席は人気で早い時間に行かないと取れないらしかった。この日はたまたま出るお客さんがいて、幸運にも座ることができた。プレミアムジンのタンカレー10を推奨しているのか、どのテーブルにもボトルを模ったスタンドが置かれている。
まずは久しぶりにブラディメアリーを試す。悪くなかったがタバスコが利きすぎていて、ちょっともてあます。二杯目はマティーニ。これはおいしい。ドルチェ&ガッバーナとマルティニがコラボしたバーでは、マティーニにオリーブが3粒だったが、ここは2粒。日本ではたいてい1粒。この辺に店や国のスタイルが出るのはおもしろい。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

外灘ビューの特別室もある。