時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
浦東の高層ビルで燗酒を一杯    
HSBCビルの前にもクリスマスツリーが。
上海を代表する超高層ビルを間近に臨む。 ここで一ノ蔵の燗酒を飲むとは思ってもみなかった。上海のHSBCタワー46階の本格和食レストラン「燦鳥」である。この周辺には日系企業が多くランチや接待で重宝されている。
 上海まで酒場の取材に来て和食もないかなと思ったが、ガイドの陳さんが「上海の和食も一度食べておいた方がいいですよ」と強く勧めるので、訪ねることにしたのである。今から思うと陳さんが本格的な和食を食べたかっただけなのではないかとも思うが、予想以上に楽しめた。
 窓からは上海環球金融中心と金茂大厦という上海を代表する2つの超高層ビルが見える。モダンで装飾を排除した上海環球金融中心と、クラシカルな装飾を施された金茂大厦が並び立つのは壮観だ。
 料理は、蟹とイクラの茶碗蒸し、牛とフォアグラのはさみ焼、ホッケ、鮭のハラス、牡蠣割りポン酢、焼き鳥などなどをアラカルトでオーダー。プレミアムモルツで喉を潤した後、はたと酒に迷う。上海にいると食事中の酒はワインがまず浮かぶ。だが目の前に有るのはホッケの干物と鮭のハラスの塩焼きだ。これは清酒が正しいと答えをだすのに、しばし時間がかかった。日本でならすぐ出てくるのに不思議なものだ。
 宮城の銘酒「一ノ蔵」を燗にしてもらう。徳利がもてないほどの超熱燗で出てくのではないかと心配だったが、さすがレストラン「燦鳥」である。ほどよい上燗で出てきた。上海の夜景を、燗酒で愛でるのも時にはいい。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)

燦鳥にはバーとラウンジが併設されている。