時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
ワインバー    
壁上海で流行の先端をいく新天地にはワインの店がたくさん
外国人の多い上海ではワインがよく飲まれる。たとえばファッショナブルな店が集まる新天地を歩けば、オープンテラスでワイングラスを傾けているテーブルをそこかしこに見ることができる。中国人のワイン愛好家も富裕層を中心に増えていて、ちょっとしたレストランには必ずワインがオンメニューされている。
店(レストラン)によるけれどワインはボトルで4000円、グラスで800円くらいからと、日本で飲むのとほとんど変わらない。国際商品のワインの場合、原価はどこの国でも同じようなものだからだろうし、外国人と富裕層が顧客なのだから安くする必要はないということでもあろう。
イン・ヴィノ・ヴェリタス
イン・ヴィノ・ヴェリタス スペイン料理の人気店「エル・ウィリー」に行く途中で偶然見つけたのが、ワインの専門店「イン・ヴィノ・ヴェリタス」。ホテルの一階にあるこの店は円柱型の陳列棚にワインがびっしり並んでいた。中に入って驚いたのはほとんどのワインがボルドーだったこと。ブルゴーニュは1本もなく、イタリアとオーストラリアのワインが数本あっただけ。店員は「私どもはボルドーの専門店です」と自慢気だった。試飲できるかと聞くと、数は限られるがグラス売り(ボトルで3500円のワインをグラス800円で提供)していると言うので1杯試してみる。値段相応のおいしさで納得であった。

エル・ウィリー
エル・ウィリー この日、エル・ウィリーで食事しようと思ったのは、店にトーレスのショップができたと聞いたからだ。ワインメーカーがレストランに店を出すというのは日本では珍しい。ショップは店に入るとすぐに左手の一画にあり、半地下という感じで数段階段を下りる。ワインはレストランでの提供価格で値段が表示されていて、好みのものを購入してそのままレストランに持ち込める仕掛け。持ち帰るならば3割引だそうだから、差額は持ち込み料と言うことか。イカ墨のジューシーパエリア、生ハムとポルチーニのピザ、トリュフ入りサンドイッチ、ラビオリなどイタリアとスペインのミックスのような料理を、アルバリーニョ(スペインの白ワインのぶどう品種)のワインで堪能して3人で1万円強。日本語のメニューもあった。
ラス・タパス
ラス・タパス かしこまったレストランやショップだけでなく、市内に数店舗ある「ラス・タパス」のようなカジュアルなワインバーもある。スペイン語で小皿のおつまみという意味のこの店は、サンダル履きに短パンで食事する外国人や、数人で連れ立ってくる中国人で賑わっていた。少量ずつ出されるカタツムリのガーリック焼、ガリシア風タコ、オイルサーディンなどは手頃で、こういう庶民的なおつまみでワインで酔っ払うまで飲むのがいいなあと、あらためて思ったのだった。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)