時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
やっぱりガーデンパブは気持ちいい    
洋館の中はレストラン。気軽に飲むのはガーデンカフェ。 春はウキウキ気分の季節だけれど、なんと言っても屋外で気持ちよく酒を飲めるのがいい。日本ではその皮切りはお花見で、ゴールデンウィーク頃からはあちこちでバーベキューパーティを見かける。屋外好きの我が家では5月中旬頃から9月末くらいまで、毎週末、夕食はウッドデッキでのプチバーベキュー。卓上の小さなBBQキットで炭火をおこして、特性のタレに漬けたスペアリブを焼いたり、干物を燻製にしたりと、こうして書いているだけで口にヨダレがじわりと溜まってくる。
 ところで残念ながら上海に「お花見」はない。実はお花見は日本だけの習慣で、欧米にも、アジアや南米、アフリカにも、花を眺めながら大勢で飲み食いし、時には歌や踊りまで飛び出して騒ぐという行為はないのである。ただし、屋外での飲食そのものは上海でも人気だ。欧米人も多いから屋外の席を常設したカフェやレストランもたくさんあって、陽気のいい季節には大勢の人で賑わっている。

壁上海で流行の先端をいく新天地にはワインの店がたくさん
 衝山路から少し歩いた住宅街にある「コットンズ(Cotton’s)」は料理がおいしいと評判のカフェバー。落ち着いた佇まいの洋館の前庭にはオープンエアーのテーブル席があって、ピザやフィッシュ&チップスなどの軽食でビールやワインを楽しむ人がいっぱいだ。訪ねた日はちょうどモヒート(ラムベースのロングカクテル)の割引中、それにつられてオーダーしてしまった。フレッシュなミントの香りとライムの酸味、そして甘味を加えたラムがいい塩梅、ついついお替り。このカクテル、最近、日本でも人気が高まっていて、生ミントを使う酒が日本でもようやく受け容れられるようになったことをうれしく思う。
モヒート

老舗ホテルの瑞金賓館の別館にあるカラーズの庭園
池の上に伸びたテーブルでコスモポリタン(カクテル)を楽しむ もう一軒のお奨めのガーデンカフェバーは「カラーズ(Colours)」。上海でも老舗の西洋式ホテル瑞金賓館のアネックスにあり、池の上に張り出した足場にテーブルが並ぶ。夕暮れ時から飲み始めると、途中でボーイさんがキャンドルに火を入れに来てくれた。陽が落ちて水面に移る明かりを眺めながら二杯目を飲む。食前に軽く飲むのに丁度いい。もちろん、しっかりとした食事もできレストランの3階にはバーがある。このバーコーナーで必見なのは、天蓋付きベッドになった席ボックス席。残念ながら写真を撮らせてもらえなかったので、ぜひ、皆さん自身の目で確かめていただきたい。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)