時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
上海ハイボール万博@ タイ&インド編    
 海外の都市で日本人がもっとも多く住んでいるのは上海だが、日本人ばかりが多いわけではない。上海万国が来年に迫っていることもあって、韓国、ベトナム、タイなど近隣国はもちろん、アメリカ、イギリス、ドイツ、メキシコ、ブラジルなど世界中からたくさんの人が集まっている。行き来があれば食や酒の交流が始まるのは当たり前、見廻せば上海には各国の食がいたるところにあるのであった。
 これを見逃す手はない! 各国の味を上海で味わって、さらにその国の酒でハイボールを試してみることにした。題して上海ハイボール万博。手始めはタイとインドから。
洗濯物の釣り下がる路地にケヴィンズ・バーはあった
 さっそくタイ料理のレストランをリストアップ。ホテルから遠くなく、ブログでも評判のいい店が「ケヴィンズ・バー」だった。ランチの客も終わって賄い食が始まろうかと言う時間、大通りから頭の上に洗濯物が干してある細い路地を進むと、ひっそりと店があった。「いいですか?」と恐る恐る覗くと、にっこり笑って「どうぞ、どうぞ(たぶんそう言っている)」と若者が招き入れてくれた。
タイのハイボール。ベースはなぜかジャックダニエル 日本にいたことがあるというマスター(中央) 「メコンウイスキー(タイの模造ウイスキー)のソーダ割りはできる?」と聞くと、メコンは扱っていないと言う。若者は、メコンよりジャックダニエル(以下JD)の方がおいしいというそぶりでボトルを見せる。お奨めにしたがってタイのハイボールは「JDのソーダ割り」ということにした。あわせてタイのビールの定番シンハーを1本。
中庭は天気がいい日に気持ちよさそう しばらく待って登場したのは、頭が星型のマドラーが添えられたハイボール。JDのソーダ割がまずいはずもなく、安心してゴクゴク。飲みくだして思わず「ア〜」と声が出る。トムヤムクン、グリーンカレー、モーニンググローリーの炒めという定番料理はマイルドで、激辛を覚悟してきた我々は肩透かしを食った感があったものの、レベルは高く大満足。

原宿竹下通りと上野アメ横を足したような感じの田子坊 タイ料理が消化する間もなく2軒目はインド料理。若いデザイナーのブティック、小物・雑貨の店、画廊がひしめく人気スポット田子坊の一画にあるロータスランド。目当てはインド産ウイスキーのハイボールである。
 狭い階段を2階に上がるとテーブル席と小上がり(?)があった。客は欧米系、アジア系(もちろん中国含む)、中南米系がほどよく入り混じりいい塩梅。靴を脱いで小上がりで食べるカレーは美味で、インドビールのキングフィッシャーのホップ香が雰囲気を盛り上げる。インドウイスキーのロイヤルチャレンジは今回が初体験。ソーダ割とオーダーしたハイボールは、氷なしのノーロックスタイルでかなり温い。ウイスキーの味はうまくまとまっていたので、これでよく冷えていたらスパイシーなカレーがもっとおいしかったのにと、少し残念だった。 インドビールのキングフィッシャー。ハイボールはロイヤルチャレンジがベース ナンもカレーもつくりが丁寧で値段もリーズナブル

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)