時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
やっと見つけた紹興酒酒場    
 上海では紹興酒の品揃えが豊富な酒場を見ないと思っていたら、虹橋に専門の酒場がオープンしたという。早速出かけてみると紹興酒の甕がブティックのようにディスプレイされた、ちょっとおしゃれな店があった。
紹興酒の甕が並ぶ妃香酒家
紹興酒バーの妃香酒家は甕から酒を酌む 紹興酒は甕から汲み出してストレート、燗、ロックなど好みの飲み方で提供してくれる。かき氷にシロップをかけるような柄杓を甕に入れて引き上げ、グラスや特性の徳利に注ぐ。燗は湯せん。電子レンジを使ったり、直火に欠けたりしないことが嬉しい。
 値段は3年くらい寝かせたスタンダードなもので1杯300円くらい。5年、10年、15年と熟成させたものはそれなりの値段になるが、一番高価な15年でも1000円くらいとお手頃だ。
 一番安い酒をお燗してもらうと「よかったらドライフルーツを入れて召し上がってみてください」と日本語で勧められた。干したクコ、レモン、梅など一杯飲むたびに、順番に試してみると結構いける。干し梅は甘酸っぱさが増し、レモンはキリットした酸味が出てくる。
 客はほとんど日本人で、メニューは日本語。中国=紹興酒と連想し、日本の地酒のようにいろいろ飲み比べてみたいと思うのは、きっと日本的な発想なのだろう。聞けば店のオーナーは日本人だという。
紹興酒酒場 孔乙己は上海の下町にあった 紹興酒には紹興料理。漬物などの醗酵食品が多い
孔乙己は日本の定食屋のように好みの料理を自分で選ぶ この店をきっかけに、現地の人がやっている紹興酒の酒場はないかと探してみたら、下町に何箇所かあることがわかった。紹興の酒と料理を楽しませる孔乙己酒家は、4年前に紹興で入った酒場によく似た雰囲気。料理も紹興特有の発酵食品、いわゆる臭ウマ系が中心だ。
 料理の皿を何品か適当に選んで、せっかくだからと20年ものの紹興酒(約600円とリーズナブル)とビールを注文する。さすがに20年物はうまい。味わいに刺々しさがまったくなく、代わりに深いコクがある。よく冷えた三得利(サントリー)のビールをチェイサーにしながら堪能する。
上海の定番ビール三得利。コンビニに山積み この三得利ビールは上海では定番の人気商品。現地の方が日本のメーカーのビールと意識していないほどポピュラーである。たいていのレストランや酒場にあって、コンビニ、スーパー、雑貨屋さんにもまず並んでいる。三得利ビールが中国伝統酒専門の酒場にまで浸透していることに、日本の酒の国際化がますます進むに違いないことを実感する。きっと近い将来モルトウイスキーが、それに続いて清酒が世界市場で脚光を浴びることだろう。

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)