時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
上海ハイボール万博A ベトナム料理にモルトハイボール  
喫茶店のようなサイゴンブルーの入口
 上海のヒルトンホテルのすぐそばのビルの一階に、ベトナム料理「サイゴンブルー」を発見。ちょっとお昼を食べるのに手ごろという感じのお店は、ベトナム料理のほかにフレンチも出すという。意外に思ったが、ベトナムはかつてフランスの植民地だったからだろうと勝手に納得して店の中へ。
 午後二時過ぎだったのでスタッフたちは休憩中。お昼を食べていたのだけれど、ドアを開けると「構わないよ」と奥の方へと目で促してくれた。テーブルにつくと、すかさず「お飲み物は?」と聞かれる。
 ベトナムビールの333が頭をよぎったが、バーカウンターの後ろにサントリー山崎が見える。いや、山崎だけじゃなく、白州、角瓶と日本のウイスキーがずらりと並ぶ。近くに日本企業が多いのかもしれないと思いつつ、壁を見ると日本語のおつまみメニューが飛び込んできた。この店は日本人御用達のようだ。
 333を飲みながらエビせんべいをポリポリ、ベトナムうどんとも言われるフォーができるのを待つ。しばらして運ばれてきたフォーは熱々で香草がたっぷり。ここで山崎のハイボールを追加。重厚なシングルモルトの山崎も、ハイボールなら昼間から飲んでもいい感じがしたのであった。ふうふう言いながらフォーを啜る。合間にハイボールをごくり。かなりいい。甘くなく、水っぽくなく、料理を邪魔しない。 ハイボールは食中にもいいなあ、ひょっとするとハイボール人気がシングルモルトの裾野まで広げるかもしれないと、上海のベトナム料理屋で想像したのであった。
サントリー山崎のハイボールとベトナムビールの333
日本語のおつまみメニューまであった

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)