時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
お湯と焼酎を別々に出す 焼酎くら田々(でんでん)  
隠れ家のような焼酎ぐら田々の入り口
本格焼酎の健康効果記事がボードになっていた「おおっ 焼酎とお湯が別々に出てきた! しかも徳利でだ」。
このサービスはとても合理的なのだけれど、日本でも普通の居酒屋ではあまり見かけない。
 焼酎をお湯割りにするときは、私はアルコールや味の濃さと温度を加減しながら飲みたい。その日の体調、一緒に食べる料理、それまでに飲んでいる酒の量などを、もろもろ考えて「これが今のベスト」というところに落ち着かせたいのである。「お湯を注いで後から焼酎を加え、かき回さずに自然に親和するのを待つのがうまい」と通ぶるつもりは毛頭ないが、お湯と焼酎を別々に出してもらえば、それも容易にできる。
 上海でも焼酎が飲まれるようになったと聞いて、一度、専門の店をのぞいてみたいと思っていた。ところが店の移り変わりの激しい上海のことだから、日本でチェックした店が閉店してしまっていたり、焼酎の店からチェンジしていたり、なかなか「これは」と思う店に出会えなかった。
市内のデパートで芋焼酎「黒丸」の三得利烏龍茶割の試飲販売を発見「焼酎くら田々」は、上海に来てから日本人向けのフリーペーパーで偶然見つけたのだったが、どこに出してもおかしくない焼酎酒場であった。壁には「本格焼酎は血栓を溶かす」という研究で知られる須見洋行先生のボードまである。カウンターのそばのコルクボードには日本から挨拶に訪れた焼酎メーカーのトップたちの名刺がずらり。その数は30枚では足りないほど。
 正直、焼酎は海外での普及は清酒よりも難しいと思う。清酒は競合する地元の酒が少ないけれど、焼酎のような無色透明の蒸溜酒は、白酒、ウオッカ、ラム等々、どこにでもあるからだ。飲み較べればオリジナリティは豊かだが、地元の酒と正面からぶつかるので手を伸ばす機会をつくりにくい。だからチャンスは日本人とともに拡げること。つまり在外日本人が飲み、現地の人にもつき合わせて、じっくりと愛好家を増やすやり方である。近い将来、いやすでに、上海が最も焼酎が飲まれる外国都市になっているのかもしれない。なにせ上海は世界で一番たくさんの日本人が住む異国の都市なのだから。
店内には焼酎の一升瓶が壁を覆う

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)