時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
ブルーチーズバーガーはポルトガル料理?  
静かな街並みに赤いネオン看板がひときわ目立つ
久しぶりにマティウス・ロゼでスタート  食べ終わった今もポルトガル料理はどんな料理か説明できないのだけれど、食事はおいしく、サービスは丁寧、値段は手頃、と満足度はかなり高い。流行廃りの激しい上海で長く続いていることも納得であった。
「なぜ上海でポルトガル料理?」「ポルトガル料理って?」と思って選んだレストラン。よく見ると「マカオ」と頭に付いている。なるほどマカオつながりでポルトガル料理か、とこれも納得。シェフはフィリピン人だそうで、少しフィリピン風にアレンジされているらしいが、マカオもポルトガルもフィリピンも、何をもって「風」というのか皆目見当がつかない。
 それはさておき、とりあえず飲み物はマティウス・ロゼにした。30年前に世界を席巻した中甘口でクリーンな味の微発泡ワインだ。ほぼ四半世紀ぶりに口にしたが、あいかわらず飲みやすい。ワインの入門にはこれくらいがいいなあと思う。
 料理はポルトガル風と付いているものをあれこれ。野菜スープ、ムール貝のチーズ焼き、チキンのクリームシチュー、たまねぎのピクルス。そしてブルーチーズ・ハンバーガーが目に留まる。ハンバーガーとブルーチーズの相性は抜群にいいのだが、ブルーチーズの好みが別れるせいか日本ではあまり見かけない。ポルトガル風ではなかったけれど、これは行っておきたいところとオーダーに加える。
 総じてマイルドで日本人向き、塩気も辛味も酸味も極端に強いものはない。日本の家庭料理に近い感じ。うまいうまいと食べ進むうちにワインが空いて、ブルーチーズ・ハンバーガーには何を合わせようかとドリンクメニューを見ると、シングルモルトのグレンフィディック12年があるのを発見。これをソーダで割りたいと言うと、ロックグラスにウイスキー、ライムが一片、缶入りのソーダが出てきた。がっつり食べるハンバーガーにはすっきり飲めるハイボールが一番。しかもライムの「ちょいしぼ」スタイル。
 ブルーチーズ・ハンバーガーにモルトのハイボール。これをポルトガルスタイルということにしておこう。こうすればこの店を忘れないから。
落ち着いた店内。庶民の贅沢なレストランという感じ

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)