時代や文化とリンクしたお酒に関する旬の情報サイト
酒文化研究所ホームページ
会社概要酒文化の会メールマガジンContact UsTOP
イベント情報酒と文化コラム酒文研おすすめのお店酒文化論稿集マンスリーアンケート特ダネ
海外の酒めぐり日本各地の酒文化見学できる工場・ミュージアム酒のデータボックスアジア酒街道を行くリンク集
 
<<酒場ガイドTOP

過去記事一覧

上海にハイボールタワー発見

トリスガールを発見!

紹興酒が健在 杭州の海鮮中華

杭州のライブバーのギンギラ女子

エレガントなシガーバー

外灘にオールド・ジャズが響く

上海の本格焼酎バー

とんこつスープの海鮮鍋

迫力のトンコツ鍋

安くてうまい激辛の鶏鉄鍋

滋味豊かキノコ鍋にオールド

激辛アツアツのカレー鍋をハイボールで

続々登場 上海で日本の酒と食体験

続々登場 ゴージャスなバー

大吉で発見! 上海ボール

上海のウイスキー好きが大集合

テキーラブーム中国にも

中国でアジアのワインが飲まれる日

中国辺境から世界を狙うワイナリー

食べて中国 飲んで英国

蘭桂坊でグレンフィディック

老舗洋食

ワインで中華が今風?

オーセンティックバー

日本的バーのくつろぎ

日本語OK ダーツしながらアイラモルト

大人のアイリッシュパブ

これぞ上海ナイト

ハンバーガーwithハイボールを求めて

上海でメキシコ気分

ハンバーガーで「焼き方は?」と聞かれる店

日本と海外の酒めぐり
酒文研おすすめのお店
  
日本的バーのくつろぎ  
カジュアルでも静かな8バランスのカウンター席
 日本の酒もがんばっているじゃないか。上海の庶民が通うディスカウントストアの酒売場を覗いてみて実感した。売場の真ん中にドンと置かれた陳列台にはキリンビールが山積み、近づいてみると隣には三得利(サントリー)のビールがある。壁面のショーウインドウにはウイスキーやリキュールと並んでおなじみのチョーヤ梅酒。日本の酒メーカーが世界にどんどん出て行って、グローバルなブランドになることは十分に実現可能なビジョンである。日本の酒類製造技術レベルの高さと商品化の知見の厚みは世界最高レベルであるし、車や家電の高品質イメージ、アニメやマンガのクールなイメージ、伝統的なエキゾチックなイメージなど、「日本」ブランドだって捨てたものではない。豊かな国内市場で選択の鋭い消費者を相手にしのぎを削ってきた経験を活かし、貪欲に新たな市場を切り開いていって欲しい。
 そんなことを思った晩に行ったのがカジュアルなバー「8バランス」。日本人が多いエリアにあって客の大半は日本人、日本スタイルのバーをそのまま持ってきた感じだ。店は静かで、カウンター席と少しばかりのボックス席、個室感覚で使えるスペースもある。オンザロックでサントリー響をオーダーすると、ロックグラスには削りだした大きなまん丸氷がひとつ。おつまみのミックスナッツにはピーナッツやアーモンドに花豆が混じる。
 ホテルバーとも欧米人が集まる外灘のバーとも違う、カジュアルながらカチッとした雰囲気は日本のバー独特のもの。日本の酒が国際化するとともに、こんなカジュアルで真面目な日本式スタイルのバーは増えるのかなあと思いを巡らせていると、通訳の陳さんが「日本人はこういうお店が好きみたいですけれど、中国人は好きじゃないと思います。飲む時は賑やかに楽しく飲むものです。それにちょっと高すぎると思います(価格は日本のバーの同じくらい)」と。酒そのものは同じでも飲み方や酒場にはお国柄がはっきり出る。日本式バーの方は中国では難しいかもしれない。
カジュアルな店内は若者が溢れる
上海市内の酒売場にキリンビールが山積み

(文・写真 酒文化研究所 山田聡昭)